お好み焼きに歴史あり

お好み焼きに歴史あり


 戦前のおとなたちは、この一銭洋食の存在を、子ども騙《だま》しのおやつぐらいに考えて歯牙にもかけなかったが、背に腹はかえられないと、子どもたちの領分から一銭洋食を横取りして、国民的な食品に格上げしたのである。  戦後のお好み焼きの歴史はこうして始まった。  盛り場にいち早く店を開いたこれらお好み焼き中興の祖ともいうべきパイオニアたちは、子どもたちから取りあげた一銭洋食の上に、申し訳ていどのぶた肉をのせることによって、お好み焼きがおとなの食べものとして通用することを証明し、 あわせてこの食品のもつ非常食的特性をみごとに実証したのである。

 それでもこのパイオニアたちは、多少のテレと自責の念を 子どもたちに感じたのか、一銭洋食(実は十円洋食ぐらい)をお好み焼きと呼び名をすりかえ、かろうじておとなのメンツを保ったのである。

お好み焼き 日本のお好み焼きは、戦後、このようにして新しい世界にふみだしたが、昭和二十年代の初期のころは、空腹の虫をおさえる手頃な食べものといった軽い評価しか得られず、街の片隅でほそぼそと露名をつなぐ存在にすぎなっかた。

 そのお好み焼きも、「もはや戦後ではない」と言われはじめた昭和三十年代にはいると、たんに食欲をみたす食べもののイメージから一転して、おとなの味覚に充分応えうるファーストフードとして、あらゆる層から圧倒的な支持を得るに至ったのである。

 ところでこの「お好み焼き」の名称であるが、だれが、いつ、どこで命名したものか、今となっては調べようがない。

 ちなみに戦前、戦中、終戦直後のどの料理書にも、お好み焼きの名称は見当たらないのである。  無駄を承知であえて理屈をつければ、関西あたりでよく見かけられた一膳めし屋、つまりお好み食堂から寸借した造語ではなかったろうか。  ショーケースやカウンターに所せましと並ぶ料理の中から、好みの焼魚や煮物や揚げ物などを自由にチョイスしてご飯を食べる、あの方式の店を以前はお好み食堂といった。  それにしても「お好み焼き」とは上手く付けたものである。

 広島のお好み焼き屋さんでは、「ブタイカタマニコイリ」なぁんて、お客さん のオーダーがとぶ。そのココロはぶた肉、いか、玉子にそば玉ニ個入れてちょうだい、なのである。

 お好み焼きは、それを食べる人の好みによって、どのようにも焼くことができる。

お好み焼き これでもか、と目をみはるほど大量にネギを使用するネギ焼から、いか、えび、具入りの少々ハイグレードなものまで、お客さまのお好みしだいに仕上げることのできるのがお好み焼きのよさであり、ふところの深さでもある。

 それならなぜ戦前に、これほど安価で安直なお好み焼きが日本人にアピールしなかったのだろうか。  明治、大正、昭和初期における日本人の食生活を考えてみると、お好み焼きは、当時の人々に容易に受け容れてもらえないいくつかのマイナス要因があったようである。その最たるものは、ご飯に対する日本人の思い入れの度合である。戦前の食事はあくまでご飯が中心であって、ご飯をもりたてるために副菜があった。めん類でさえもおかずの仲間に組み込まれて、一杯のうどんをすすっただけでは食事をしたことにはならなかった。 とにかくご飯を食べなければ食事をした気分になれないのが日本人の性癖であった。

 そんな食習慣をかたくなに信奉する人たちにとって、おかずでもなくかといって主食ともいえない、どっちつかずの食品に、当時の社会がそっぽを向くのは当たり前のことで、ましてこんにちのごときお好み焼きに昇華させようなどという考えは、かけらさえなかったことだろう。 一銭洋食は、こどもたちの買いぐいの対象であって、こどものおやつの領分に、大のおとなが立ち入るのもはばかれるし、だいいち、どこの国のものとも出自のはっきりしない正体不明の食べものに食指をうごかすなど、男児の沽券にかかわるとでも思っていたのか。いずれにしても、戦前の日本人は、変な潔癖症をその体質に持ち合わせていたようである。

 このように戦前の食生活は、あくまでご飯を中心に、十年一日のごとき変りばえしないおかずで、黙々と感動のとぼしい食事に終始した。それでも彼らは、そんな食卓に何の疑問も感じなかったし、食のアイテムの乏しさを嘆きもしなかったのである。 そして悪夢のような戦禍のあと、飢餓の焼け跡にたたずんで周囲を見回したとき、戦前は一顧だにもしなかったあの一銭洋食が、お好み焼きと改名して、不死鳥のごとく蘇っていたのである。  こうしてお好み焼きは、飢えの時代の洗礼を経、保守的な戦前の食生活の因習から解き放たれて、圧倒的な国民大衆の食べものとしての地位を獲得したのである。


*こちらでご紹介の内容は、オタフクソース株式会社様のご協力の元、製作しております。
 名前や発祥の由来など、詳しい内容はオタフクサイトにてお楽しみください。

→オタフクサイトはこちら

PAGE TOP