プロ伝授!お好み焼きの作り方

お好み焼きには「寒玉」キャベツ
キャベツには春玉(春キャベツ)と寒玉があります。寒玉は葉がしっかりしていて、甘みがあるのが特徴です。
おいしい寒玉は外の葉が濃い緑色でつやがあるものを選ぶこと。見た目よりずっしりと重いものを選びましょう。
わかばのお好み焼きにも寒玉キャベツを使っています。
寒玉photo
関西風お好み焼きレシピ 関西風お好み焼き
生地……100cc
キャベツ(2〜3mmのみじん切り)……100g
ねぎ(5mmの小口切り)……3g
豚バラ肉……40g
卵……1個
天かす……10g
青のり……少々
かつお節……適宜
マヨネーズ……適宜
お好み焼きソース……60g
関西風お好み焼き
だし汁……300cc
小麦粉……250g
山芋(すりおろしたもの)……15g
 
 
美味しくなるコツ(1)
キャベツをたっぷり使う
→キャベツの食感と甘みがお好み焼きをおいしくします。
 
美味しくなるコツ(2)
生地づくりはポイントは「やまいも」。
→お好み焼きがふっくらさっくりする秘密は「やまいも」。「やまいもパウダー」を使うときは最初に水に溶いておくと、生地の中に均一に広がります。
 
美味しくなるコツ(3)
一枚分ずつ、空気を含ませるように混ぜる
→材料は焼く直前に1枚分ずつ手早く混ぜること。
空気を混ぜ込むようにするのが「ふっくら感」のコツです。
焼き方上
焼き方下
生地の作り方
 
美味しくなるコツ(4)
うら返したら必ず「フタ」をする
→温度の下がりやすいホットプレートが高温になり、中までじっくり火が通ります。しかも外はおいしくパリッとした仕上がりに。
 
美味しくなるコツ(5)
ヘラで押さえるのは禁物!
→空気を含んだ生地がふっくら焼きあがろうとしているのに、押さえてしまっては台無し!! ヘラはカタチを整える程度に使いましょう。
材料1
焼き方4
広島風お好み焼き
広島風お好み焼き
水……370cc
みりん……13cc
卵……1/2個
薄力粉……250g
広島風お好み焼き レシピ
生地……50g
豚バラ(3枚肉)……40g
中華麺……1玉
もやし……30g
キャベツ(3mm幅の千切り)……130g
ねぎ(5mmの小口切り)……3g
昆布粉(とろろ昆布)……1g
イカ天……10g
削り節粉(かつお節)……2g
卵……1個
青のり……少々
お好み焼きソース……60g
焼そばソース……15g
 
生地を休ませる
→生地を作ったら1時間以上冷蔵庫で休ませましょう。ダマもなくなって生地がひきやすくなります。
 
広島焼きにはイカ天
→関西風なら天かす、広島焼きにはイカ天!これでグ〜ッと本場の味に?!
広島風お好み焼き作り方
広島風お好み焼き作り方
広島風お好み焼き作り方
 
一気にひっくり返す
→大きなヘラを使い、舟のオールを漕ぐように手を動かします。
ポイントはためらわずイッキ、かつ落ち着いてひっくり返すこと。
あとは繰り返しの練習あるのみ!?

PAGE TOP